ここから本文です

中国PM2.5 商機と捉える企業

2015/12/30(水) 21:43掲載

IBM、マイクロソフト…中国PM2.5は「商機」いろんな企業が攻めている

PM2.5で広がる影響
 中国の大気汚染の影響が広がっています。12月に入って北京では、これまで見られなかった最高レベルの赤色警報が2度も出された他、クリスマスにはPM2.5の視界不良で220本以上のフライトがキャンセルされました。日本のメディア報道が減った今週に入ってからも現地では重汚染が出ているのに加え、福岡や熊本などでも国の環境基準値を超える影響を受けており、大晦日の夜には九州や四国でも非常に多くなると見られています(週間予報)。
(鶴野充茂)

[記事全文]