ここから本文です

日本人3氏 ノーベル物理学賞

2014/10/7(火) 18:55掲載

赤崎、天野、中村氏にノーベル賞=青色LED開発―物理学、日本人6年ぶり

 スウェーデン王立科学アカデミーは7日、2014年のノーベル物理学賞を、実用的な青色発光ダイオード(LED)を開発した赤崎勇名城大教授(85)と天野浩名古屋大教授(54)、中村修二米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授(60)に授与すると発表した。青色の登場でLEDは赤、緑とともに光の三原色がそろい用途が拡大。消費電力が少なく、耐久性が高い特長が注目され、白熱電球や蛍光灯に代わる白色照明のほか、携帯電話などのディスプレー、交通信号などに広く利用されている。(時事通信)

[時事通信で関連記事を探す]

関連ニュース

もっと見る