ここから本文です

心停止82分後蘇生 国内最長か

2014/8/9(土) 18:27 掲載

心停止82分奇跡の生還 西予61歳男性

 2月に心筋梗塞で心停止した愛媛県西予市の男性(61)が運ばれた市立八幡浜総合病院で、1時間22分後に再度心臓が動き始め、愛媛大学医学部付属病院での「低体温療法」による治療で、約1週間後に意識を取り戻していたことが8日、愛媛新聞の取材で分かった。救命に関わった市立病院と愛媛大の医師は「救命の連鎖が非常にうまくいった。少なくとも後遺症がなく回復したケースでは国内最長時間経過での蘇生ではないか」としている。 (愛媛新聞ONLINE)

[愛媛新聞ONLINEで関連記事を探す]