ここから本文です

青森市で鳥インフル2例目、初発農場350メートル Web東奥 12/2(金) 23:42  青森市の家禽(かきん)農場で高病原性鳥インフルエンザが発生した問題で、県は2日、同農場に近接する系列農場でも、飼育する食用アヒル(フランスカモ)からH5型の鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。鳥インフルが初めて確認された農場から南に直線距離で約350メートルと近く、餌会社が同じなど二つの農場に疫学的に関連があることを踏まえ、国は本県で2例目となる高病原性鳥インフルエンザ発生と判定。県は同日午後10時55分、2例目の農場のアヒル約4800羽全てを殺処分する作業に入った。[記事全文]

青森 新着ニュース
日付で絞り込む:

1~25/379件