ここから本文です

河口慧海のチベット脱出日記発見…滞在記そろう 読売新聞 9時13分  仏教の原典を求めて日本人で初めて鎖国状態のチベットに入った堺市出身の僧、河口慧海(えかい)(1866~1945年)の日記が見つかり、同市が26日発表した。[記事全文]