ここから本文です

パナソニック、世界全254工場で「水リスク」評価 ニュースイッチ 8時16分  パナソニックは水問題が工場操業に影響を与える「水リスク」について、2018年度までに世界全254工場の評価をする。米シンクタンク「世界資源研究所(WRI)」などの評価ツールを使い、水不足が起きる可能性や規制を点検する。リスクが高い工場は節水や排水再利用の対策をする。水問題を経営リスクと捉える製造業が増えている。日産自動車やトヨタ自動車、ソニーなどは調達先の水使用量も調査している。[記事全文]